2011年1月 1日 (土)

ライトアップされてる袋田の滝を見て来た

年も暮れの12月30日。
茨城県は大子町にある袋田の滝に行って来た。

袋田の滝は、幅73メートル、高さ120メートルと非常に盛観で、
「日本三名瀑」のひとつに挙げられることもあるようだ。

私は、茨城が地元なので何回もこの滝を観に足を運んでおり、
正直、「今更感」は拭えないのだが、この日は特別だった。
なんと、年末から年始にかけて滝の「ライトアップ期間」があるらしい。
派手モノ好きの私にとってはかなり観欲(?)をそそられる情報だった。

小雨が降る中、国道118号線を北上して間もなく現地に到着した。
駐車場の客引きのおじいちゃんに誘導されるがままに車を駐車しお金を払う。

周りには土産屋が何軒かあり、温泉施設なんかもある。
いかにも観光地って感じでウキウキしてしまう。こういう空気は好きだ。
しかし、師走ということもあり殆どの店はシャッターが降りていた。少し寂しい。

Img_3113
(この写真は帰り際に撮った。)

しばらく道を歩いて行くと、トンネルの前に到着する。
そのトンネルを通ると、お待ちかねの滝が観れるのだ。

そのトンネル付近で謎の置物が飾られている。

Img_3082

「なにこれ?」って感じだが、嫌いではない。
ウルトラ○ンを彷彿させる陶器やらがいやにレトロで、
不思議な空気を作っていた。

入場料300円を払ってトンネルの中に入ると、暗がりに声や足音が木霊していた。
こういうシュチュエーションは童心にかえるから不思議だ。
ちなみに、私は映画館が暗転すると興奮するタイプの23歳である。

Img_3084

少し歩くと、何故か天上の一部分だけにイルミネーションが…。
これはこれで綺麗だった。

ここから更に50メートルくらい歩くと、いよいよ滝のお目見えとある。
ライトアップされている滝なんて人生で初めてだ!!結構ワクワクしてきた。

ふらふらと歩いていると、突如、それは横目に入って来た。

「うわぁ!」

思わず「感嘆」が漏れた。

Img_3101

なんかこう、色々とおかしいのだ。
合成映像をリアルで見ているような、そんな不思議な感覚だった。

ちょっと急ぎ足になりながら近づいてみる。

※正面から
Img_3088

※下の方
Img_3089

※下から上に
Img_3090

※もうちょっと暗くなってから
Img_3105

水の色が青っぽく照らされているが、私が行った時は夕刻ということもあり、
やや赤みがかった青だった。

この滝の迫力にはいつ来ても圧倒されているが、
今回は今までで一番圧倒された。

自然と不自然(人口)の調和っていうのは、私が魅せられるものの一つだ。
久しぶりに「綺麗」と思えるものを観れた。よかった!

終わりよければ全てよし、ではないが、
2010年はうだつの上がらない年であった。
しかし、最後の最後にこんな綺麗なものが観れるとは…!
少しだけ報われた気がしたwww

ありがとう!!

滝をしばらく眺めてからは、近くの散策路を少しだけ歩いた。

Img_3092

提灯が並んでて良い感じ。
冷たい風に吹かれる提灯ってのも風情があっていい。

Img_3097

皆様も機会があったら、是非行ってみて下さい!
写真で見るより何倍も迫力があって素敵な滝ですよ!!

あと、春先に行くと近くの散策路もかなり気持ちの良い感じです。
散策路歩くなら、歩きやすい格好で行った方が楽しめるかも知れません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

写真を貼りつけようと思いました!!

この記事では、
テストがてら昔に撮影した写真を貼ってみようかなと、思います。

写真撮るのへたっぴだし、全然ストイックじゃなけど好きなんだよねー。


まず一枚目。

126_162

この写真は、確か宮城に行った時の写真でしょうか。
詳しい地名はぜんっぜん覚えてませんが、三陸の方だと思います。
入江ということもあってか、波が殆どなく透きとおった海が印象的でした。



次、二枚目。

2007xmas_027

この写真は地元の河川敷近くの茂みの写真ですね。
確か数年前の12月に撮影した写真だったと思います。
当日、とても澄んだ空が気持ち良かった事を覚えていますが、
この空の青さは写真効果によるところが多いです。
ちなみに使っているカメラはCanon PowerShot G9 というコンデジ(?)です。
Canonのカメラははっきり写るのが良いんですが、もっと優しい色彩が好き。
ちなみに、この時いっしょに写真撮ってた友人のNikonのカメラは優しい写りでした。



次、三枚目。

Img_2927

これは今年の夏に撮った写真です。手ぶれが気になりますね。
このセミの抜け殻、一緒に脱皮したのかと思うと微笑ましいですが、
発見した瞬間いかがわしい想像をした俺は、アホなんでしょうね。
明らかに自然界の順序を無視(虫だけに)したヤンチャさに脱帽。


次、ラスト、四枚目。

Img_3062

ある朝の空です。
自分の部屋から撮影したんですが、
太陽から吐き出されたような雲が印象的でした。


と、まぁ、こんな感じです。
ちょっと今回は業務的すぎてあれでしたが、
案外写真も簡単に載せられたので、今度から写真も使おっと!

ちなみに、写真の何が好きかっていうと、
「見方を探す」っていうのがとても好きなんですよ。

案外、写真っていうのも、文章や音楽みたいに、
その人の内面性とかが出るのかも分かりませんねー。


と、いうわけで、皆様が写真を楽しく撮れることを願いつつ、



これにて〆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

はじめに 写真 雑記(日記) 音楽