« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月28日 (火)

これでも人からの影響をとても受けやすい方なんだ

先日、スーパーで買い物をしているときにとても幸せそうな人を見かけた。女性の方で40代くらいだろうか、痩せ型でメガネを掛けていて、黒い髪を後で結っている方だった。

その方は、爆笑しながらキャベツを選んでいたとか、奇声を上げながらお刺身を買い物カゴに入れ込んでいたとか、そういうおめでたい奴的な感じではなく、ただ普通に買い物をしているだけなのに幸せオーラを漂わせていた。

思わず聞きそうになった。「何かいいことでもあったんですか?」と。もちろん聞ける訳ないけど、インタビュアーなら確実にインタビューしてた。

そういう方を見るとなんとなくこちらも幸せな気持ちになってくるから不思議だ。人は他人のオーラに染まりやすい。

そういえば、街全体が特殊なオーラに包まれた時があった事を思い出した。平成二十三年三月の東日本大震災の時だ。私の街はもともと災害が少なかった為、あの震災によってほとんどの住民が初めての被災者になった。

何とも言えない街の空気を今でも覚えている。待ち行く人々の顔付きが、目の輝きが、仕草や態度、話し方までも普段と全く違うのだ。私がそんな住民たちのオーラにあっさり染まったのは言うまでもない。「変化の渦中にある」という妙な興奮が四六時中あった。

幸いにも行政や自衛隊の支援は行き届いており、暴動などは起きなかったけど、もし暴動が起こっていたら、もしかしたら暴徒の側に回っていたかも知れない。そんな、危なっかしい興奮状態を覚えたのは後にも先にもあの時だけだ。

話は戻ってスーパーで見かけた幸せそうな女性。本人は自覚がないと思うけど、その幸せオーラは色んな方に幸せのおすそ分けをしていたと思う。

人間、気を抜くとすぐに苛々や悲しみや辛さばかりを考えてしまう。でも、一人一人がほんの少しでも、ほんのささやかでも、幸せなオーラを出せるよう気にしてれば、街全体が変わるのかな、とか思った。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »