« 「つきよの晩にあとひとつ」という楽曲 | トップページ | 「街の灯りとともに」という楽曲を投稿しました »

2019年10月13日 (日)

「帰り道」という楽曲を投稿しました

「帰り道」
(クリックでMP3を再生)

----------------------------
黄金色が 溶けた
またね 明日会おう

綺麗だよね 夕日
僕らの 影が伸びる

君の 好きな
歌をもっと知りたいんだ

今度
聞かせておくれ

ああ、懐かしい
なぜか愛しいよ
用など無いと僕には言えないよ

ああ、君の残り香を
風がさらっていくんだ
どこまで行こうとも探し続けてるよ

ああ、この時が
全て飲み込んでいくんだ
用など無いと僕には言えないよ
----------------------------

私は茨城県の田舎に暮らしていますので、歩けばそこら中に田んぼやら畑があります。

子供の頃に祖父母に手を引かれて畦道を一緒に歩いたこと、友達と馬鹿話しながら登下校したこと、大好きだった人と丘の上から田園を眺めていたこと、そういったよくある思い出も人並みに持っています。

しかしながら、おそらくそういった機会に触れることはもう無いでしょう。祖父母もいませんし、学校にも所属してませんし、大好きだった人も今どこで何をやっているのかさっぱり分かりません。色んなものを失くした今、夕焼けの田園を眺めていると、風景だけはあの頃のままなのに同じ状況は二度と帰ってこないのかと、強い寂寞を感じます。

ただ、そういった寂しさ・ノスタルジア・懐かしさといったものが焦燥を駆り立てるだけの何の役にも立たない感情かと問われれば、「それは違う」と答えたい自分がいるのです。それらの感情が何のためにあるのか分かりませんが、捨てたくはないんです。

|

« 「つきよの晩にあとひとつ」という楽曲 | トップページ | 「街の灯りとともに」という楽曲を投稿しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「つきよの晩にあとひとつ」という楽曲 | トップページ | 「街の灯りとともに」という楽曲を投稿しました »