« 「日々という牢獄」という楽曲を投稿しました | トップページ | 「帰り道」という楽曲を投稿しました »

2019年9月11日 (水)

「つきよの晩にあとひとつ」という楽曲

Photo_20190911230401

「つきよの晩にあとひとつ」
(クリックでMP3を再生)

----------------------------
花開かせてみても 何もなくて
思い出の中じゃ それを隠すのでしょう  

小さな約束を 果たす夜は
穏やかな風が 僕を包みました

そばに居るから 嘘じゃないから
手を握り締め 歩いて行くから
ひとりじゃないよ 寂しくないよ
ほらごらん 夢のように綺麗な

つきよの晩に あとひとつ
あとひとつと 意味を重ねて
見てた未来に もう少し
もう少しで 手が届きそうだ

一度だけでも ここで話そう
他の誰にも 聞こえないように
そばに居るから 目を逸らすなよ
思い出なんかに させないからな

寂しかったろう 苦しくて
切なくて 息もできずにいた

つきよの晩に あとひとつ
あとひとつ 吐息を重ねて
見てた未来に もう少し
もう少しで 手が届きそうだ
----------------------------

この楽曲はUTAUの雪歌ユフにリードボーカルを任せています。原型は今から10数年前、私が10代後半で学生をやっていた頃に出来上がりました。

当時はただただ一生懸命作っていたので、客観的にどういう曲なのか言い得ることはできませんでしが、時を経た今だからこそ、この楽曲は「少年と少女の恋愛の歌だ」と言うことができます。なんだか身も蓋もありませんが、そういう曲なのです。

少年の世界はいつも大人の都合に左右されます。生きている場所の殆どが大人やら社会から与えられたものだからです。自分の意思より大人の気分の方が自身に与える影響が格段に大きい世界です。

対して、恋愛は誰かの思念に左右されない世界です。互いが思い合っていれば成り立つ独自の世界です。だからこそ少年と少女は恋愛に世界の全てを見ようとします。恋愛に救いを求めていると言い換えることもできます。

この楽曲はそういう歌です。恋愛に救いを求める少年と少女の歌です。私は幸にも(不幸にも)大人になりましたので、おそらくもうこういう曲は作れないことでしょう。

だからこそ、この一生でこの曲を作ることができて本当によかったと思います。

|

« 「日々という牢獄」という楽曲を投稿しました | トップページ | 「帰り道」という楽曲を投稿しました »

コメント

あせかくさんが歌ったやつが聞きたいです

投稿: | 2019年12月21日 (土) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「日々という牢獄」という楽曲を投稿しました | トップページ | 「帰り道」という楽曲を投稿しました »