« 何事も消化の仕方が大事 | トップページ | なりきりのススメ »

2018年3月 3日 (土)

ランニングしてきた

ランニングをしてきた。

さっぱりした。

心の錆が落ちる。淀みがなくなる。そして、落ち着く。
自分が自分でいることを自然とすんなり受け入れられるような、そんな平穏を得られる。

これには、ランニングによってβエンドルフィンという脳内物質が分泌されるかららしいのだけれど、そんなことはどうでもいい。
とにかく何かしらの行為によって、心の平常を保てるということは、救いだ。

下手に他人に励まされたり、向上心を持てと書いてある本を読んだり、粗暴なことをして憂さ晴らししても、心の奥の淀みはなかなか消えてくれない。

運動で得られる平穏は、動物的な物なのだと思う。つまり、自身の存在とか生命とかそういうところに関わってくる平穏だ。
動物としての機能を駆使したことで得られる充足感なのかも知れない。

なぜ動物的なのか。それは運動で得られた平穏が明日には見事に無くなっているからだ。もしかしたら数時間後かも知れない。

いくら満腹になってもいずれ腹が減るように、この平穏はいずれなくなってしまう。

さて、私は小学校、中学校ともに運動部に所属しており、毎日のように部活動に励んでいたが、今ここで書いたような平穏を実感したことはなかった。

高校生になって運動部からは離れたものの自転車通学であったし、体育の授業も受けていたのでほぼ毎日何かしらの運動的な活動はしていた。
しかし、やはり平穏は感じられなかったし、「今日も自転車で通学したから気持ちがさっぱりしたー!」なんて事を言った例がない。

もっと言えば、社会人になってからも自転車通勤の頃があったが同様である。


何故なのか。


思うに、それらの運動活動が単に社会的なタスクをこなす為の行いであったからではないか。

部活動、体育の授業、通学、通勤それら全ては、社会的な目的を達成する為の運動行為であり、意識の背景には常に仕方ないという思いがあった。

「こなさなくてはならないことをするだけ」

つまり、私にとっては、それら全ては、他動的な運動活動だったのだ。
他動的な運動活動とはつまり、奴隷の労働に極めて近い行為とも言える。

ここまで読んで、あまり共感を感じない方はおそらく、それらの運動活動において能動的な意義を持ち取り組んで来られた方と推測する。

例えば、それらの運動活動において「理想のプレイに少しでも近づく!」とか「俺は体育では絶対に良い成績を取る!」とか「電車ではなくあえて自転車で行く!」とかいったような自分なりの意義を私が少しでも持っていれば、先に書いたような平穏を得られたのかも知れない。

しかし、それが全くなかったのだ。いや、全くでは語弊があるかも知れない。考えはしていたけれど、心の芯からそのような事を思えなかった。

今にしてみれば、ちょっともったいないことをしたなと思う。

今、自分がしている運動は完全に自身のためのものである。

それもほぼ一人で行っているので、誰かに強制されることもなく、無理に能力を上げる必要もなく、人間関係に気を使うこともない。

更に、健康に気を使ってとか、体力をつけて日々のパフォーマンスを上げてとか、そういう目的もない。

気が向いたときに出掛ける散歩と同じだ。ただ、走ってるだけ。

実はこれってすごく贅沢なんじゃないかと思ってる。
だって、時間と体力に余裕がなければ絶対にできないことだから。

スクール(学校)の語源はギリシア語のスコレー(余暇)にあると聞いたことがある。
古代ギリシア人にとって、学ぶということはきっと娯楽や余興だったんだ。
とても役に立ちそうもない議論を延々と重ねていくうちにヨーロッパ思想の礎が出来上がっていったのかな、なんて思い馳せるとニヤリとしてしまう。

もちろんそんな大層なことと比べる訳ではないけれど、何のしがらみもなく、目的もなく、狙いもなく、純粋にやりたいことができる余暇って、いつの時代も素晴らしいなぁと思う。

|

« 何事も消化の仕方が大事 | トップページ | なりきりのススメ »

コメント

<a href=https://megaremont.pro/kazan-elektromontazhnye-raboty>Услуги электрика</a> в Казани

投稿: Denurind | 2019年8月 6日 (火) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランニングしてきた:

« 何事も消化の仕方が大事 | トップページ | なりきりのススメ »