2020年2月12日 (水)

夢の終着地点は当たり前のことだった

最近、命が輝いていないなと、すさんでしまいそうだなと、やるせないなと、色褪せた日々を過ごしている。

価値とは何かと考えていて、行き着いた結論は、生きる抑揚のような、感動のような、感謝のような、そういった漠然としたものを実感として与えたり与えられたりするものなのではないかと思った。

では、そういったものは何かといえば、極端には「夢」なのだと思う。「夢」を与えたり与えられたりする関係こそ、人間の究極的に目指すところだ。ときにそれは、神話であったり、あの世であったり、救済であったり、革命であったりする。人間は理解の範疇を超えてはいるものに対しても「あ、なんとなく分かるかも」という想像上の理解を得ることができる。それが夢の根源であり、そういったものを追い求める性があるのではないだろうか。

つまり、不可解なものと理解できるものが混在して初めて人間は「夢」を見ることができるのだ。月並みだが、夢には希望と不安が同居している、という言葉回しはまさしくなのだ。

しかし、現代はどうだろうか。化学や物理学が万人が共通して理解できる記号をもってして雄弁に世界各地で説法を行っている。科学は究極の現実主義である。事実が例え人間の知覚を超えたものであったとしても、確かな現象として観測できればそれは現実として扱われる。もはや、科学を殺すのは科学しかないといった状況であり、そこに人間の想像が介入する余地はもはや無い。夢の構成要素である「不可解」はもはや風前の灯だ。「不可解」なことはつまり「知らない」だけなのだ。「答え」は算出されて然るべきだし、おそらく今後、人間の考えや行動も科学のテーブルのうえで正しく答えが導き出されることになるだろう。

とまあ、ここまでは非常にマクロな視点での話ではあるが、もう少しミクロな視点に立ってみた場合どうだろうか。例えば、恋愛というのは一個人間の話であり、仮に恋愛感情の発生要因とその必然的構成要素が導き出されたとしても、行動心理学的に二人が出会う可能性を正確に算出したとしても、我々はほんの些細な出来事、コンマ1秒(例えば一瞬視線を逸したとか逸らさなかったとか)で対人関係が激変してしまうことを知っている。果たして、そのコンマ1秒まで科学に従順でいられるだろうか。そこまで自分という人間をコントロールできるだろうか。答えは、できる訳がないのだ。

そこで、こう考えることにした。すさんで、やるせなくて、色褪せた日々を送っていたのでこう考えることにした。目の前の人間にこそ夢を見ようと。この相手と今後どうなっていきたいのか真剣に考えようと。それが例え本当に忘れてしまうくらい些細な出会いだったとしても。おそらく、凡才にも至らない自分が夢を見るテリトリーは人間関係にしか残っていないと思う。科学の呪縛を逃れ、不可解の中で生きている抑揚を見つけてみようと思う。明日からをほんの少しだけ楽しみにしてみようと思う。

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

これでも人からの影響をとても受けやすい方なんだ

先日、スーパーで買い物をしているときにとても幸せそうな人を見かけた。女性の方で40代くらいだろうか、痩せ型でメガネを掛けていて、黒い髪を後で結っている方だった。

その方は、爆笑しながらキャベツを選んでいたとか、奇声を上げながらお刺身を買い物カゴに入れ込んでいたとか、そういうおめでたい奴的な感じではなく、ただ普通に買い物をしているだけなのに幸せオーラを漂わせていた。

思わず聞きそうになった。「何かいいことでもあったんですか?」と。もちろん聞ける訳ないけど、インタビュアーなら確実にインタビューしてた。

そういう方を見るとなんとなくこちらも幸せな気持ちになってくるから不思議だ。人は他人のオーラに染まりやすい。

そういえば、街全体が特殊なオーラに包まれた時があった事を思い出した。平成二十三年三月の東日本大震災の時だ。私の街はもともと災害が少なかった為、あの震災によってほとんどの住民が初めての被災者になった。

何とも言えない街の空気を今でも覚えている。待ち行く人々の顔付きが、目の輝きが、仕草や態度、話し方までも普段と全く違うのだ。私がそんな住民たちのオーラにあっさり染まったのは言うまでもない。「変化の渦中にある」という妙な興奮が四六時中あった。

幸いにも行政や自衛隊の支援は行き届いており、暴動などは起きなかったけど、もし暴動が起こっていたら、もしかしたら暴徒の側に回っていたかも知れない。そんな、危なっかしい興奮状態を覚えたのは後にも先にもあの時だけだ。

話は戻ってスーパーで見かけた幸せそうな女性。本人は自覚がないと思うけど、その幸せオーラは色んな方に幸せのおすそ分けをしていたと思う。

人間、気を抜くとすぐに苛々や悲しみや辛さばかりを考えてしまう。でも、一人一人がほんの少しでも、ほんのささやかでも、幸せなオーラを出せるよう気にしてれば、街全体が変わるのかな、とか思った。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

「走り出した」という楽曲を投稿しました

「走り出した」
(クリックでMP3を再生)

----------------------------
走り出した
闇夜の音に遮られひた走るまま坂を下る
思い出遠くぼやけても消えない思い
風凪を待って空を駆けるから

走り出した闇の中
行くあてもないままに
自分も世界も分からなくて
どこにも居れなかった

さよなら 日々よ
ここには二度と来ない
ひとつの憂いを背負い込んだまま
この道を行くんだ

そんな僕に何ができたのだろうか
この両腕を肩に下げて
消せど消えぬ思い震わせて笑う
ほら月夜はまた照らし出すだろう

通り過ぎてく景色の中
でたらめに歌った
歌を君に聞いてほしかった
それが始まりだった

答えは今も
闇夜に溶けたままだ
それでも確かにここで生きてることを
掴まえに行こう

走り出した
闇夜の音に遮られひた走るまま坂を下る
思い出遠くぼやけても消えない思い
風凪を待って空を駆けるから
----------------------------

ようやくこの楽曲を発表できます。
楽曲をインターネットに投稿し始めた頃から弾き語り放送で歌ったり、一部の方向けにデモ版のMP3を公開したりしてきましたが、今回のものが完成形になります。ようやっと巡り巡って形にできた楽曲です。公開できてよかった。

編曲は非常にシンプルなものになっています。バンドやるならこういうバンドがいいなあと思いながら作りました。物好きな方がいらっしゃったら是非演奏してみてください。キーはDメジャーです。

| | コメント (0)

らしさ

昨夜は友人と飲みにいった。再会は一年半年ぶりくらいか。仰々しく懐かしがらずスムーズに会話に入っていくのが大人の嗜みだ。

それでも「俺ってこの人の前でどんな人間だったっけかなー」と妙な不安を覚えていたのも本当だ。取り繕うという意味でなく、再会を果たす間に変わったと思える自分の領域に自信がなかったのだ。

良い悪いではなく、果たして自分は自分らしくいられているのだろうかという不安。相手から「らしくないな」と思われないかという不安がうっすらとあった。

人間、誰にだって現状の不満や将来の不安があるもんだ。それでも背筋を伸ばさせるのは、使命感や誇りといったものだろう。逆にいえばいくら金があって環境がよくて暖かな人間に囲まれていても、使命感や誇りのない人は不幸だと思うし、薄いなと、思う。

頭で考えた損得勘定で生きるのではなく、自分の心を響かせるような生き方をしている人間は、味気があって面白い。果たして自分はそういう人間になれているのか、おそらくなれていないから昨夜は「らしくないな」と思われそうで不安だったのだ。

昨夜、言葉が溢れるように出てくる感覚を覚えた瞬間があった。「ああ、今、心から言葉が出てきているな」と思った。こういう会話は面白いものだ。相手と心を照らし合わせているうちに、自分にとって大事なものが映し出される。

何をするときも、誰と話すときも心で生きていれば、必然的に自分のことが見えてくる。自分の求めている生き方というものがぼんやりと分かってくる。そういったものを追い駆けるのが、「らしさ」なんじゃないかな。

昨夜はいい夜だった。

僅かながら得た手掛かりではあるけれども、自分らしく生きてみようと思った。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

手記

毎年、この季節になると夜空を見上げては思い出す。あれは高校生の頃だ。ひとりの友人と高校生活の多くを過ごした。一緒に歌をうたって、一緒に恋の話をして、一緒にバカげた(確信のような)夢を見ていた。

彼はとなり街に住んでいたので、遊んだ帰りは国道6号線をずっとひとり自転車で走った。星空を綺麗に見るコツは目を闇に慣らすことだ。小一時間もかけて自宅に着いた時に見上げた星空は、それはそれは綺麗に見えた。それだけで、嘘みたいに今日は良い一日で終われた。

高校を卒業してからは疎遠になった。特に理由はなかったと思う。会うように生きてるなら会うし、会わないように生きてるなら会う意味もないよな、そんな風に思っていた。連絡をとったのも数年前に電話をもらったのみだ。ひどく落ち込んでいた時期だった。

「今なにしてんの?」

「何もしてないよ」

「元気?」

「元気だよ」

「なら、それでいいんだ」

おおよそ、そんな内容の会話だったと思う。今でも思い出すよ。誰かひとりでも存在を肯定してくれる人がいるなら、人はなんとか生きられるものなんだね。

久しぶりに会いたいなと思った。

それは、あの頃に戻ってはしゃぎ倒すとか、思い出話に浸るとか、近況を語り合って悦に浸るとか、そういうんじゃなくて、またふたりで遊びたいのだ。

我々の遊びは、いつだって今日が始まりだった。いつだって枕詞は「次は」だった。いつだって今日が明日に繋がるように、そんな風に遊んできた。

適当なところで乾杯して、お互い歳とったよな、苦労もあったよな、それでも頑張ってきたよな、とかそういうのは、いらない。

次はなにする、次はどうする、次はどうやって生きる?

なあ、久しぶりに会おう。この世界に何を仕掛けてやろうか、何を残してやろうか企もう。そして、叩き付けてやろう。一生を安易に賭けてやろう。

なあ、としや。

また一緒にで遊ぼうぜ。

| | コメント (0)

«コーヒーを飲みまくって思った